FC2ブログ
ノーザンライトの流浪旅
プロフィール

ノーザンライト

Author:ノーザンライト
ある日「こんな会社辞めてやる!」とそのまま旅に出たらどこまで続けられるかやってみた



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



Flag Counter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に一時帰国
今回はトランスアジア航空の「厦門〜金門島のフェリー」と「金門空港〜台北松山空港のエアチケット」のセットを利用。入手できるアイテムは以下の通り
 ・厦門五通码头(フェリーターミナル):厦門〜金門島のフェリー
 ・金門フェリーターミナル:フェリーターミナル〜金門空港へのバスチケット
 ・金門空港:金門空港〜台北松山空港のエアチケット
最初に全部もらえれば安心なので1週間前に五通码头でくれって言ったけど当日来いって言われた。上記セットで3,300台湾ドル。

05:45起床。チェックアウトして大通りに出て06:00すぐにタクシーが捕まる。五通フェリーターミナルまで所要30分で63元、早朝の空いている時間だから早く着いた。トランスアジア航空の職員は「当日07:00に来てちょうだい」と言っていたが30分以上早く着いた。でも06:50になっても誰も来ない。

07:05ごろ出社してきた、さすが人民だ。フェリーの発券に30元かかる。08:00出港、08:30金門島に到着。台湾の入国カードを書いていると「これどうやって書くんや?」と隣の若者たちが日本語を発する。

 オレ:「この用紙ですよ」
 若者:「あ、ありがとうございます」
 オレ:「世界一周中ですか?」
 若者:「これからです」
 オレ:「おぉ〜頑張って〜」

という感じで久々に長期旅行者の会話。オレは空港までのバスチケットがあるので港でお別れ。すっげー時間あるしどうしようかなとボケーとしていたら、航空会社のスタッフが「もしよければ一つ前の台北行きの便に変更しますか?」と聞いてきたのでありがたく変更をお願いする。そのお姉さんに案内され航空会社の専用バスでフェリーターミナルから金門空港へ移動。

DSCN0677.jpg
金門港〜金門空港へのバスチケット

DSCN0678.jpg
金門港のトランスアジアオフィス

専用バスに一緒に乗ってきた航空会社の人がカウンターまで案内してくれる。そのまま「この人いっこ前の飛行機に変更したからよろしく」とカウンターの人に伝えてくれたのであろう。スゲー、スゲーよ台湾。そして先ほど港で別れた若者たちと再会。そのまま台北まで同じ便だった。

DSCN0679.jpg
金門港〜金門空港へのバス

DSCN0681.jpg
金門〜台北の飛行機

台北松山(ソンシャン)空港に到着。若者と暑い中を空港近くの店に小籠包を食いに行く。美味い、美味いよ。スゲー、スゲーよ台湾。

DSCN0682.jpg
小籠包うまし!

さてここから桃園(タオユエン)国際空港に移動する。台北市内へ向かう若者たちとはお別れ。桃園空港へ向かうバスはどこかなぁと探すと

 ・日本語が話せるJALのお姉さんがバス乗り場を丁寧に教えてくれた
 ・さらに切符はバス乗り場で買えますと教えてくれた
 ・そのバス乗り場には日本語を話すおじいさんが切符を売ってた
 ・バニラエアならターミナル1で降りるんだよと教えてくれた

DSCN0683.jpg
松山から桃園へのバス乗り場

DSCN0684.jpg
松山から桃園へのバス車内

台湾、超親日!これイージーモードだわ。台北桃園空港から成田空港までは一分の狂いもなく到着。入国の税関で「今回は台湾だけですか?」と聞かれたが、「1年ほどかけて世界一周してきました。アフリカは行ってないです。」と申告して問題なし。「すごいですね〜」と言うもののこういう連中が毎日数名はいるのだろう。

台湾、わずか数時間の移動だったが、再訪が楽しみである。よくある質問で「どの国が一番よかった?」と聞かれた時、オレは「アルメニア」と答えてきた。しかし
 ・人が優しい
 ・街が綺麗
 ・大陸のように「カーッ、ペッ!」という声が聞こえない
 ・街ゆく女の子が驚異的に可愛い&美人
 ・食い物が美味い
台湾はその王座を脅かすかもしれない。
 
 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://bsamyas.blog.fc2.com/tb.php/355-2824992f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。